ペットニュース ~鹿児島東開店ペット館のお得なニュース~

東開店ペット館ニュース 3月号
3月になりました。新しく物事を始めるにはうってつけの季節です。この機会にアクアリウム始めてみませんか?さて、今月のイベントは11日より金魚くじをご準備しております。是非ご参加くださいね!お待ちしております。詳しくはペット館スタッフまでお気軽にどうぞ。
担当:鳩 宿

先月大阪で開かれた「ジャパンペットフェア」に行ってきました。色んなブースが入っており、動物と触れ合いなどもやってました。アクアリウム商品なども新商品などが展示してあり去年よりもアクア、小動物(爬虫類)関係の商品が多く見られました。近いうちに店頭にも並びますよ!お楽しみに!それとアクアスタッフ鎌島が3月をもって退社することとなりました。ありがとうございました。しばらくは3人体制で行きますので満足いけるサービスができないかもしれません。ご了承ください。頑張っていきますので宜しくお願い致します。

担当:谷 口

今月ご紹介するのは「ジャワメダカ」です!名前の通り東南アジアの沿岸部に生息している温帯魚で日本のメダカとは近縁種になります。最大全長は約4cmで、若干の塩を混ぜると長生きすることが多いようです。「ジャワメダカ」は適正水温が約23~28℃と幅広く、日本産のメダカよりは暑さに弱くないので小型熱帯魚とであれば混泳ができます。水合わせをきちんとすれば、そこまで手のかからない品種なので初めての方におすすめです (*’ω’*) これからアクアリウムを始めようとお悩み中のお客様はテストフィッシュ(立ち上げた水槽で生物が生きていけるか試験的に入れる魚)として「ジャワメダカ」はいかがでしょうか?興味がある方はアクアコーナー係員へお尋ねください(^^♪

担当:濱 田

今回私が紹介するのは「オレンジフィンアーマンドプレコ」です。最大体長は約20~30cmで全身をおおうウロコは鎧のように硬くて大きくヒレのふちは鮮やかなオレンジ色に染まります。プレコの種類の中でも入荷数は少なく、当店でも入荷は数える程で早い者勝ちです!今回入荷した個体はサイズも約15cmと大き目なワイルド個体です。当店では数多くのプレコを扱っており、その中でも珍しいプレコだけを集めた「プレコ水槽」もございますのでぜひご覧になって見てください。今後も珍しいプレコがいたらドンドン入荷していきたいと思います。リクエストも受け付けていますので遠慮なく聞いてくださいね。

担当:鎌 島

今回私がご紹介するのは大人気の深海生物「オオグソクムシ」です。皆さんがよくご存じなのは体長が40cmにもなる「ダイオウグソクムシ」だと思いますが「オオグソクムシ」は体長が15cmと成長しても小柄な種です。なんとそんな「オオグソクムシ」をお家でも飼育することができます。飼育環境さえしっかりしていれば初心者の方でも飼えます。一番重要なのは最適な水温と照明です。水温は10℃~17℃と低めなのでクーラーは必需品です。照明は深海生物なので明るいのでNGです。比較的暗い場所に置いてあげましょう。雑食性なので給餌は2週間に1回、エビやイカの切り身等を与えてください。只今、アクアコーナーには2匹います。今後の入荷は未定なのでこの機会にぜひ飼育してみませんか?

担当:田 端

今月は「引っ張り癖」についてです。わんちゃんとの楽しい散歩も「引っ張り癖」がひどいと楽しめません。是非「引っ張り癖」を改善させましょう。まず、「引っ張り癖」を改善させるには正しいリードの持ち方からです。リードを持つ基本は右手でリードの輪の部分を持ち左手でリードの中央を持ち左手でリードをコントロールします。またまだあまり散歩に慣れていないわんちゃんは出来るだけリードを短く持ちましょう。散歩の最中は基本的にわんちゃんは飼い主さんの少し後ろを歩かせます。わんちゃんが飼い主さんより前に行ったり、気を取られて違う方向に行ってしまったら一瞬リードを強く引き首にダメの合図を送り立ち止まりましょう。わんちゃんが落ち着いたら再度散歩を再開します。わんちゃんがしっかり歩いている時はいい子だねーなど声をかけてほめてあげましょう。これの繰り返しで「引っ張り癖」は徐々に改善されます。出来る限り子犬の時期から散歩トレーニングは始めましょう。

担当:日 高

今回私が紹介するのはペット館で取り扱っている可愛いワンちゃん、ネコちゃんなどの「キーカバー」を紹介したいと思います。突然ですがご自宅の鍵はインターネットで合鍵を注文して作れるようなタイプの物でしょうか?もしそのようなタイプの鍵でしたらこのような話があります。とあるマンションにて管理会社社員を装い訪問し、家の鍵を提示させて鍵番号をメモし、インターネットで合鍵を作製してその家に侵入するという事件がありました。そんな時の防犯対策に活躍するのが「キーカバー」です。可愛いだけではなく防犯にも繋がる「キーカバー」は犬、猫、ハムスターなどの種類を取り揃えておりますのでペット館にてぜひ一度ご覧くださいませ。

3月のSMALLANIMALニュースは、ねずみ特集☆小動物コーナーにはハムスターをはじめ様々なねずみちゃんを扱っております。そんなねずみちゃんの一部を軽くご紹介いたします。まずは定番の「ハムスター」ジャンガリアンハムスター・ゴールデンハムスター・ロボロフスキーハムスター・チャイニーズハムスターの4種類がおります。それぞれカラーバリエーション豊富で性格も個体差があります。相性が悪いとケンカしたり、ストレスにもなるのでハムスターは単独飼育が基本です。次は「ヤワゲネズミ」ジャンガリアンハムスターとゴールデンハムスターの間くらいの大きさです。活発的で上下の運動もするので少し大きめのケージを用意しましょう。社会性を好むようでは単独で飼育すると長生きできない?!とも言われているようですので相性のいい子同士複数で飼育してあげた方が良いでしょう。最後は「ファンシーラット」体が大きいのでうさぎケージくらいのサイズを用意しましょう。とても頭が良いので根気強く教えると芸なども出来るようです。性格は温厚で優しく接してあげることでとてもよく慣れてくれます。この子たちも社会性があるので相性が良ければ複数で飼育できますが複数でも狭くないよう十分な大きさのケージを用意しましょう。ねずみと聞くと、特にしっぽがある子たちに対して苦手意識を持つ方もいますが、実はとーってもかわいい動物です!気持ち悪いなと思わずに見て頂けると嬉しいです。
生体・用品をお買い上げの皆様への注意事項、補償について

●アクアコーナー・小動物コーナー・ワンちゃんネコちゃんコーナーでは生体の買取り、返品、交換、引き取りなどは原則行っておりません。

●生体の補償については当方の落ち度がない限りお受けしかねます。

●観賞魚は購入して水槽に投入した後の補償もお受けしかねます。

●アクア・小動物コーナー共に当日を過ぎた物に関しては、いかなる補償もお受けしかねますのであらかじめご了承ください。

●犬猫用品では生体にふれる商品(首輪、服、リード等)の使用後の返品、交換はいたしておりません。サイズ等を確認の上ご購入ください。

PAGE TOP